相続放棄

こんなお悩みはありませんか?

  • 父親がのこしたばく大な借金を、すべて引き受けなければいけないのだろうか
  • 遺産の受取額がわずかなので、面倒な遺産分割協議に関わりたくない
  • 借金の存在が後から発覚し、相続放棄の申立て期限を過ぎていた

当事務所に依頼するメリット

ご依頼者の事情を良く伺ったうえで、相続放棄すべきかどうかのアドバイスをいたします。現時点ではマイナスでも、資産の内容により、後に収益を生むかもしれません。また、状況によっては、相続放棄の申立て期限を伸延するお手伝いもいたします。

親の借金による相続放棄のケース

ご相談内容

母親の死亡から約1年がたった時点で、消費者金融から借金の督促状が送付されてきました。相続放棄の期限は3カ月と聞いていますが、どうすれば良いでしょうか。

当事務所のアドバイス

ご安心ください。相続放棄の期限は「借金があったことを知ってから3カ月以内」です。これからでも間に合いますので、冷静に対処していきましょう。

実際の結果

ご依頼者にほかの負債などが残されていないか、改めてプラスの資産も含めて精査した結果、債務を引き受けることになりました。借金を上回る余剰分が確認できたからです。

弁護士の一言 弁護士の一言

資産状況の調査が3カ月では足りない場合、裁判所に申述すれば、期限を延ばしてもらうことも可能です。

相続放棄が認められなかったケース

ご相談内容

亡父と一緒に事業を経営していたため、負債の存在を知ってはいたのですが、商売の都合から登記変更をしてしまいました。いまから相続放棄はできないのでしょうか。

当事務所のアドバイス

債務のあることを知りつつ、遺産の一部を勝手に処分してしまうと、すべての権利・義務を引き受けたと見なされてしまいます。残念ながら、相続放棄は認められません。

実際の結果

引き続き、家業を営んでいくことになりました。

弁護士の一言 弁護士の一言

相続が始まったら、上記のようなことが起こらないためにも、遺産の内訳を精査しておきましょう。なお、葬儀代など「やむを得ない事情」があって財産を処分した場合は、相続放棄が認められることもあります。

法律相談がお役に立ちます

相続放棄を進める際は、対債権者対策と同時に、ほかの相続人への説明が欠かせません。放棄をしたことで、ご依頼者の債務負担分が、ほかのご親戚へ回されてしまうからです。状況によっては、関係者全員がお集まりになって、法律相談を受けてみてください。

誰かに話すことが 不安を解消する 一歩です
遺言・相続不安解消サイト

tel:048-834-8703 どうぞお気軽に お問い合せください

メールのお問い合わせ

誰かに話すことが不安を解消する一歩です 遺言・相続不安解消サイト

bn_inqtelsp.png

メールのお問い合わせ