中谷弁護士の
相続ノート

2017.09.06更新

 前回調停についてお話ししたときに、調停で話がまとまらない場合は審判に移行すると申し上げましたが、話がこじれる原因についてお話ししたいと思います。
 遺産が全て明らかになっていて、相続人がそろっていたら、法定相続分に従って遺産を分ければいいじゃないか、というのが客観的な考えです。
 とはいえ、これまでの親子関係、兄弟関係の経緯があると、そんなに単純に分割されたのでは納得できない!ということもあります。
 例えば、兄弟のうち1人だけが、家を建てるために資金援助をしてもらった、生活費を援助してもらった、といったことがあるとその分を考慮した分割にならないか、というときです。
 生前に一部の相続人が財産をもらい受けることを「特別受益」と言い、民法の条文では、「共同相続人中に、被相続人から遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする」と規定されています。
 特別受益を主張したいと思われたら、まずは専門家にご相談されることをお勧めします。

投稿者: 中谷法律事務所

誰かに話すことが 不安を解消する 一歩です
遺言・相続不安解消サイト

tel:048-834-8703 どうぞお気軽に お問い合せください

メールのお問い合わせ

誰かに話すことが不安を解消する一歩です 遺言・相続不安解消サイト

bn_inqtelsp.png

メールのお問い合わせ