不動産の相続

不動産の相続についてこんなお悩みはありませんか?

  • 土地の権利が複雑に絡んで、遺産分割が一向に進まない
  • 同じ不動産なのに、資産価値が高いか安いかでもめている
  • 使い道のない土地を受け継ぐより、現金がほしい

当事務所へ依頼するメリット

一般の方では判断が難しい「分割方法のアドバイス」が得られます。不動産には人が住んでいますから、パイやケーキのようには切り分けられません。また、それぞれの土地に対する評価も絡んできます。弁護士なら、裁判を利用したり不動産鑑定士へ依頼したりすることで、公平な着地点をお示しすることが可能です。

等価の不動産を巡る遺産分割のケース

ご相談内容

親の不動産を兄と二人で分割することになったものの、家を建てるには兄側の土地が適していて、どうしてもそちらを取得したいと思っています。そこで、交換してもらえるよう交渉しているのですが、全く耳を貸してくれません。

当事務所のアドバイス

土地同士の交換ではなく、現金で取得されてはいかがでしょうか。もし、お兄様に土地に対するこだわりなどがなければ、交渉の余地はあるはずです。

実際の結果

ご依頼者が相続する予定の土地を処分し、多少の現金を積み増しして、お兄様の土地を売ってもらいました。

弁護士の一言 弁護士の一言

今回のケースのように、評価額の同じ遺産を争う場合は、裁判手続きがなじみません。個々の気持ちをくんだ解決を図るのであれば、弁護士を入れた話し合いをご利用ください。

借地に関する遺産分割のケース

ご相談内容

遺族間の話し合いにより、親の借地を譲り受けることになったのですが、他の遺族より損をしているような気がします。どうすれば、このもやもや感を解消できるでしょうか。

当事務所のアドバイス

土地の借地権評価額は国土交通省によって定められています。売買価格に対して「何割」という基準がございますので、さっそく調べてみましょう。

実際の結果

調停を利用し、他の相続人にも正式な評価額を伝えたところ、特に異存が出なかったため、予定通りの遺産分割を進めました。

弁護士の一言 弁護士の一言

大前提として、借地は相続することができます。今回のケースとは異なりますが、貸主側から退去するよう申し渡されたり、立ち退き料の提示があったりしたら、不利益を被らないよう専門家へご相談ください。

法律相談がお役に立ちます

相続に不動産が絡む場合は、本人同士の解決がかなり難しい傾向にあります。なぜなら、土地に対する評価の問題が伴うからです。坪あたり1円の違いが意地の張り合いを起こしかねませんので、事前にご相談いただいたほうがスムーズでしょう。一見すると平穏でも、足下では火種がくすぶり続けているかもしれません。

誰かに話すことが 不安を解消する 一歩です
遺言・相続不安解消サイト

tel:048-834-8703 どうぞお気軽に お問い合せください

メールのお問い合わせ

誰かに話すことが不安を解消する一歩です 遺言・相続不安解消サイト

bn_inqtelsp.png

メールのお問い合わせ